オーガズムとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

オーガズム

「オーガズムを感じる」などのように使う「オーガズム」という言葉。

「オーガズム」は、英語では「orgasm」と記載します。

「オーガズム」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「オーガズム」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

オーガズムの意味

「オーガズム」には次の意味があります。

性的快感の最高潮の状態。(出典:デジタル大辞泉)

性的快感の絶頂期を言い、この快感曲線については男性ではその上昇と下降が急峻(きゅうしゅん)であり
女性では緩慢であると言われています。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・「オーガズム」の正確な感覚は男性によって違いがあると考えられている。
(出典:大槻ケンヂ『のほほん人間革命』)

・実際にオーガズムを感じたことのない女性には、それがどのようなものかが分からないということはとても多い。
(出典:内田春菊『息子の唇』)

・男性が性交運動により受けた快感でオーガズムに達すると、射精が起こる。
(出典:大槻ケンヂ『のほほん人間革命』)

・典型的な女性のオーガズムは男性のものよりも遥かに長く続く。
(出典:大槻ケンヂ『のほほん人間革命』)

・女のオーガズムの表情は、まるで天国で罰を受けているみたいだ。
(出典:山田詠美『姫君』)

スポンサーリンク

類語

アクメ(あくめ)
意味:性交時の興奮の絶頂。
(出典:デジタル大辞泉)

昇天(しょうてん)
意味:天高くのぼること。
(出典:デジタル大辞泉)

快楽(かいらく)
意味:官能的な欲望の満足によって生じる、快い感情。
(出典:デジタル大辞泉)

エクスタシー(えくすたしー)
意味:快感が最高潮に達して無我夢中の状態になること。
(出典:デジタル大辞泉)

クライマックス(くらいまっくす)
意味: 物事の緊張や精神の高揚が最高に盛り上がった状態。
(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました