オルタナティブとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

オルタナティブ

「オルタナティブスクール」などのように使う「オルタナティブ」という言葉。

英語では、「alternative」と表記します。

「オルタナティブ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「オルタナティブ」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

オルタナティブの意味

「オルタナティブ」には次の意味があります。

二者択一。また、代案。代替品。(出典:デジタル大辞泉)

オルタナティブをわかりやすく言うと、主流なものとは異なる代替品という意味です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・海外にはオルタナティブスクールがいくつもある。

・公式メディアよりも、オルタナティブメディアのほうが好きだ。

・従来の思想に捕らわれないオルタナティブエネルギーを開発した。

オルタナティブな案を提案する。

類語

代替(だいたい)
意味:それに見合う他のもので代えること。(出典:デジタル大辞泉)

代わり(かわり)
意味:ある役割を、他のものがすること。(出典:デジタル大辞泉)

選択肢(せんたくし)
意味:行動や条件などについて自ら選ぶことができる複数個のケース。(出典:精選版 日本国語大辞典)

代役(だいやく)
意味:ある人の役目を、他の人がつとめること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

代替案(だいたいあん)
意味:すでに発表・提出されている案に代わる案。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました