エコシステムとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

エコシステム

「産業エコシステム」などのように使う「 エコシステム 」という言葉。

「 エコシステム 」は、英語では「Ecosystem」と表記します。

「 エコシステム 」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「 エコシステム 」の意味や使い方や類語について、用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

エコシステム の意味

「 エコシステム 」には次の二つの意味があります。

1 生態系。
2 複数の企業によって構築された、製品やサービスを取り巻く共通の収益環境。(出典:デジタル大辞泉)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

エコシステム の意味①「生態系」

エコシステム の一つ目の意味は「生態系」です。

「生態系」をわかりやすく言えば「ある場所の生き物たちが生活している環境全体」という意味です。

具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

エコシステムは生物多様性を維持する。
(出典:養老孟司『無思想の発見』)

・森のエコシステムを保全する。

・人類がエコシステムを無視して増え続ける。

スポンサーリンク

類語

食物連鎖しょくもつれんさ
意味:自然界における生物が、食う食われるの関係で鎖状につながっていること。(出典:デジタル大辞泉)

環境かんきょう
意味:まわりを取り巻く周囲の状態や世界。人間あるいは生物を取り囲み、相互に関係し合って直接・間接に影響を与える外界。(出典:デジタル大辞泉)

地域ちいき
意味:独立国として承認していない領域。(出典:デジタル大辞泉)

循環系じゅんかんけい
意味:血液やリンパを全身に循環させる器官の集まり。(出典:デジタル大辞泉)

エコシステム の意味②「 複数の企業によって構築された、製品やサービスを取り巻く共通の収益環境。」

「 エコシステム 」の二つ目の意味は「 複数の企業によって構築された、製品やサービスを取り巻く共通の収益環境。」です。

複数の企業が業界の枠を越えて広く共存共栄していく仕組みのことです。

具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

エコシステムとはビジネスの生態系である。

エコシステムでのイノベーションを促進する。

・楽天エコシステムを形成する。

スポンサーリンク

類語

バリューチェーン
意味:企業活動における業務の流れを機能単位に分割してとらえ、業務の効率化や競争力強化を目指す経営手法。(出典:ASCII.jpデジタル用語辞典)

サプライチェーン
意味:ある製品が、原料の段階から消費者に至までの全過程のつながりのこと。供給網。(出典:デジタル大辞泉)

ビジネスシステム
意味:企業や社会におけるコンピューターシステムのひとつ。(出典:ASCII.jpデジタル用語辞典)

タイトルとURLをコピーしました