エキセントリックとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

エキセントリック

「エキセントリックな役柄」などのように使う「エキセントリック」という言葉。

英語では「eccentric」と表記します。

「エキセントリック」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「エキセントリック」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

エキセントリックの意味

「エキセントリック」には次の意味があります。

性格などが風変わりなさま。奇矯(ききょう)なさま。(出典:デジタル大辞泉)

わかりやすく言えば「普通ではない変わった様子や状態」を指します。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・たとえ、ちょっとばかりエキセントリックなところのある娘だとしても。
(出典:宮部みゆき『蒲生邸事件』)

・そしてそれは、かなりエキセントリックな、危険な展開を予想させた。
(出典:南里征典『自由ケ丘密会夫人』)

・着ているものが奇抜であったり、態度がエキセントリックであったわけではない。
(出典:原田宗典『どこにもない短篇集』)

・さすが、格好がエキセントリックなだけあって、行動もなかなかのものである。
(出典:近藤史恵『天使はモップを持って』)

・美しい顔立ちという基準には入らないが、エキセントリックな個性がある。
(出典:森瑤子『ママの恋人』)

スポンサーリンク

類語

ユニーク
意味:唯一であるさま。また、そのものだけが他と異なるさま。独特。無比。独自。(出典:精選版 日本国語大辞典)

奇抜(きばつ)
意味:きわめて風変わりで、人の意表をつくこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

個性的(こせいてき)
意味:人や物が、他と比較して異なる個性をもっているさま。独特であるさま。(出典:デジタル大辞泉)

風変わり(ふうがわり)
意味:ようすや性質・行動などが普通と違っていること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

奇異(きい)
意味:普通とようすが違っていること。不思議なこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました