ウィンウィンとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ウィンウィン

「ウィンウィンな関係」などのように使う「ウィンウィン」という言葉。

英語では「win-win」と表記します。

「ウィンウィン」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ウィンウィン」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ウィンウィンの意味

「ウィンウィン」には次の意味があります。

交渉などで、双方にとって好都合なこと。(出典:大辞林 第三版)

ニュースを見ていると「あの国とあの国は経済的にウィンウィンな関係だから、政治問題があっても貿易関係は解消できない」などと解説される機会が多いです。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・日本と中国はウィンウィンな関係を継続させている。

・日米の関係性はウィンウィンだ。

・あの国とあの国は経済的にウィンウィンな関係だから、政治問題があっても貿易関係は解消できない。

・お互いの会社にウィンウィンな利益をもたらすと考えた上層部は、快く企画を承諾した。

類語

・相補的(そうほてき)
意味:互いにおぎない合っているさま。(出典:大辞林 第三版)

・相互扶助(そうごふじょ)
意味:互いに助け合うこと。(出典:デジタル大辞泉)

・戦略的互恵関係(せんりゃくてきごけいかんけい)
意味:安全保障・外交・経済・環境・エネルギーなどさまざまな分野で共通の利益を目ざそうとする二国間関係。(出典:デジタル大辞泉)

・共益(きょうえき)
意味:共同の利益。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました