インタラクションとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

インタラクション

「ヒューマンコンピュータインタラクション」などのように使う「インタラクション」という言葉。

英語では「interaction」と表記します。

「インタラクション」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「インタラクション」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

インタラクションの意味

「インタラクション」には次の意味があります。

相互作用。(出典:デジタル大辞泉)

「インタラクション」をわかりやすく言うと「二つ以上のものが互いに影響を及ぼしあうこと」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・製品とユーザの間のインタラクションを向上させる。

・大学の講義でインタラクションデザインについて学ぶ。

・このシステムは、ユーザとの効果的なインタラクションを実現した。

類語

相互作用そうごさよう
意味:互いに働きかけ、影響を及ぼすこと。交互作用。(出典:デジタル大辞泉)

双方向そうほうこう
意味:通信や放送などで、情報伝達の方向が一方向でなく、受信側からも発信できる方式。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました