イミテーションとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

イミテーション

「イミテーションリング」などのように使う「イミテーション」という言葉。

英語では「imitation」と表記します。

「イミテーション」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「イミテーション」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

イミテーションの意味

「イミテーション」には次の意味があります。

模倣。まね。また、宝石など、高価なものの模造品。にせもの。まがいもの。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「イミテーション」をわかりやすく言えば「偽物」という意味であり、あまり良い意味では使わない言葉です。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・そういう店に限ってくだらぬイミテーションを売りつけたがるのである。
(出典:坂口安吾『飛騨の顔』)

・俺の後ろからついてくる若造のポケットにイミテーションのルビーがある。
(出典:ガードナー/池央耿訳『緋の接吻』)

・どうやらイミテーションではなく、本当に火を使っているらしい。
(出典:鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第18巻』)

イミテーションで充分、と思ってたら、買う人なんかいなくなるわよ。
(出典:赤川次郎『怪盗の有給休暇』)

・大衆向けとして作られたイミテーションだからこそ、より強く引き寄せられたとも言える。
(出典:成田悪悟『FAKE/states night』)

スポンサーリンク

類語

模倣(もほう)
意味:まねること。にせること。(出典:大辞林 第三版)

真似る(まねる)
意味:他の人や物に似せる。(出典:デジタル大辞泉)

拵物(こしらえもの)
意味:ほんものをまねて作った物。(出典:精選版 日本国語大辞典)

類似品(るいじひん)
意味:似かよっている品。(出典:大辞林 第三版)

似たり(にたり)
意味:にせもの。まがいもの。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました