イデオロギーとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

イデオロギー

「社会的イデオロギー」などのように使う「イデオロギー」という言葉。

独語では「ideologie」と表記します。

「イデオロギー」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「イデオロギー」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

イデオロギーの意味

「イデオロギー」には次の意味があります。

政治・道徳・宗教・哲学・芸術などにおける、歴史的、社会的立場に制約された考え方。観念形態。(出典:デジタル大辞泉)

社会、文化、環境などにおける正統性のある考え方のことです。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・世界観は最初、一つの自然発生的なイデオロギーだと云うことが出来る。
(出典:戸坂潤『現代唯物論講話』)

・之は日本にも支那にもそのイデオロギー的影響を有ち得るものなのである。 (出典:戸坂潤『思想と風俗』)

・第二部第三部に本格的なイデオロギー論の歴史が展開される筈である。
(出典:戸坂潤『読書法』)

・一切の文化はその本質に於てイデオロギーでなければならないからである。
(出典:戸坂潤『イデオロギー概論』)

・之が文化形態論としてのイデオロギー論の根本的な一般方針であった。
(出典:戸坂潤『イデオロギー概論』)

類語

理論(りろん)
意味:個々の現象を法則的、統一的に説明できるように筋道を立てて組み立てられた知識の体系。(出典:デジタル大辞泉)

観念(かんねん)
意味:物事に対してもつ考え。(出典:デジタル大辞泉)

信条(しんじょう)
意味:信仰の箇条。教義。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました