アバターとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

アバター

「自分のアバターを作る。」などのように使う「アバター」という言葉。

英語では「avatar」と表記します。

「アバター」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「アバター」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

アバターの意味

「アバター」には次の意味があります。

「化身」という意味で、ネットワーク上の仮想空間でのユーザーの分身のこと。(出典:ASCII.jpデジタル用語辞典)

近年では、自分が好きな顔に似せたり、好きな服を着せたりしてアバターを作成し、インターネット上で自分の代わりのキャラクターとして使用する例があります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・夢のなかで、黒雪姫はアバターではなく現実の副生徒会長の姿だった。
(出典:川原礫『アクセル・ワールド 01 -黒雪姫の帰還-』)

・彼らは皆、分身たるアバターを喪失する覚悟で助けにきてくれたのだ。
(出典:九里史生『SAO Web 0407 第八章02』)

・精悍なデザインではあるが、動物系アバターというのはそれほど珍しくもない。
(出典:川原礫『アクセル・ワールド 11 -超硬の狼-』)

・身長一メートルそこせこの人形型アバターは、身を屈めて蹴りを避けた。
(出典:川原礫『アクセル・ワールド 10 -Elements-』)

・皆何回か見かけたことのあるベテランリンカーたちだが、そこに真紅の少女型アバターの姿はない。
(出典:川原礫『アクセル・ワールド 05 -星影の浮き橋-』)

類語

化身(けしん)
意味:変化して現出した身体。(出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

タイトルとURLをコピーしました