アナライズとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

アナライズ

「調査結果をアナライズする」などのように使う「アナライズ」という言葉。

英語では「analyze」と表記します。

「アナライズ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「アナライズ」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

アナライズの意味

「アナライズ」には次の意味があります。

分析すること。分析。(出典:デジタル大辞泉)

「アナライズ」は「分析」や「解析」を意味する言葉であり、「アナライズする」などのように動詞としても使います。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・文脈から、坊っちゃんという本を脱臭剤とアナライズしていることは書かなくてもわかるからである。
(出典:糸井重里『糸井重里の萬流コピー塾』)

・株式市場の動向をアナライズする。

・集めたデータを早速アナライズしてみましょう。

・無数にあるアナライズ手法から、適したものを選択することが大切だ。

スポンサーリンク

類語

分析(ぶんせき)
意味:複雑な事柄を一つ一つの要素や成分に分け、その構成などを明らかにすること。(出典:デジタル大辞泉)

解析(かいせき)
意味:事物の構成要素を細かく理論的に調べることによって、その本質を明らかにすること。(出典:デジタル大辞泉)

リサーチ
意味:調査。研究。(出典:デジタル大辞泉)

論究(ろんきゅう)
意味:ある物事を論じきわめること。深く十分に論じること。(出典:デジタル大辞泉)

精査(せいさ)
意味:くわしく調べること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました