アセスメントとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

アセスメント

「環境アセスメント」などのように使う「アセスメント」という言葉。

「アセスメント」は、英語で「Assessment」と表記します。

「アセスメント」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「アセスメント」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

アセスメントの意味

「アセスメント」には次の意味があります。

査定。事前影響評価。(出典:デジタル大辞泉)

わかりやすく言えば、「評価すること」という意味になります。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

・北海道電力は昨年夏、新しい「泊三号機」を二〇〇八年までに建設・運転開始する計画を発表し、すでにアセスメント手続きに入っている。(出典:平田剛士『漁民解体』)

・かい決にむけてはかん境アセスメントとかのせい備が必須なのであり、せきにん者をやり玉にあげられても困ります。(出典:田中ロミオ『人類は衰退しました-2』)

・大型テーマパークを建設するために、環境への影響をアセスメントする。

・各工程の後には、必ず再アセスメントを行いましょう。

・集会の参加者の状態をアセスメントする。

類語

査定(さてい)
意味:調査して決定すること。(出典:日本国語大辞典)

鑑定(かんてい)
意味:物事の判断をすること。(出典:日本国語大辞典)

評価(ひょうか)
意味:ある事物や人物について、その意義・価値を認めること。(出典:デジタル大辞泉)

審査(しんさ)
意味:ある案件や事柄を審議して、査定すること。(出典:日本国語大辞典)

判定(はんてい)
意味:物事を判別して決定すること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました