アジャイルとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

アジャイル

「アジャイルソフトウェア開発」などのように使う「アジャイル」という言葉。

英語では、「agile」と表記します。

「アジャイル」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「アジャイル」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

アジャイルの意味

「アジャイル」には次の意味があります。

「機敏な」「すばしっこい」という意味の英語表現(出典:実用日本語表現辞典)

日本語の中では、「アジャイル開発」「アジャイルソフトウェア開発」といった言い方で、ソフトウェア開発の現場で用いられる手法・考え方を指す意味で用いられます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

アジャイルの使い方・例文

・エクストリーム・プログラミングは最も有名なアジャイル的手法である。

・開発はアジャイルで行われており、スクラムが採用されている。

・彼は、アジャイル・マニフェストの17人の元署名者の1人でもある。

・Janeのソフトウェア開発工程は当初からアジャイル型であった。

類語

機敏(きびん)
意味:時に応じてすばやく判断し、行動すること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

すばしっこい
意味:「すばしこい」の変化した語。(出典:精選版 日本国語大辞典)

俊敏(しゅんびん)
意味:才知がすぐれていて判断や行動がすばやいこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

迅速(じんそく)
意味:きわめて速いこと。すばやいこと。また、そのさま。すみやか。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました