アウトローとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

アウトロー

「アウトローの集団」などのように使う「アウトロー」という言葉。

英語では「outlaw」と表記します。

「アウトロー」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「アウトロー」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

アウトローの意味

「アウトロー」には次の意味があります。

法の保護や秩序の外にある者。無法者。(出典:デジタル大辞泉)

「アウトロー」を分かりやすく言うと「法を守らずにやりたいようにやるならず者」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・こんなことをされたのでは、中国人のアウトローも黙ってはいられない。
(出典:吾妻博勝『新宿歌舞伎町 新・マフィアの棲む街』)

・そんな彼らを待っていたのは、自分達の銃を構えた二人のアウトローだった。
(出典:成田良悟『baccano! 1931 特急編 The Grand Punk Railroad』)

アウトローの立場に立つことなく、信頼の絆を結ぶことはできただろうか。
(出典:村上春樹『1Q84 BOOK2』よ)

・暴力団やアウトローの集団の中でも最終的には、頭のよい人間が勝ち残る。
(出典:鹿島茂『セーラー服とエッフェル塔』)

・ずっと昔の、日本の江戸時代のアウトローが主人公になったストーリーだという話だった。
(出典:山際淳司『男たちのゲームセット』)

類語

無法者(むほうもの)
意味:道理にはずれた行ないをする者。乱暴なふるまいをする者。非道者。無法人。(出典:精選版 日本国語大辞典)

半端者(はんぱもの)
意味:はんぱであるもの。全部そろっていないもの。完全でないもの。(出典:精選版 日本国語大辞典)

あぶれ者(あぶれもの)
意味:職を失った者。浪人。 無頼漢。ならず者。無用者。(出典:デジタル大辞泉)

暴徒(ぼうと)
意味:徒党を組み乱暴をはたらく者ども。暴動を起こした者ども。凶徒。(出典:精選版 日本国語大辞典)

ごろつき
意味:一定の住所も職業もなく、あちらこちらをうろついたりして、おどしなどをはたらくならずもの(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました