アウトレットとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

アウトレット

「週末はアウトレットへ出かける」などのように使う「アウトレット」という言葉。

英語では「outlet」と表記します。

「アウトレット」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「アウトレット」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

アウトレットの意味

「アウトレット」には次の意味があります。

《出口・はけ口の意》商品の販路。販売店。(出典:デジタル大辞泉)

「アウトレット」は、電話などの差込口、電気のコンセントという意味で使われることもあります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・こんな上質の服が安く手に入るのは私がアウトレット狂だからではない。
(出典:井形慶子『ときどきイギリス暮らし』)

・ニューヨーク郊外にあるアウトレットの街、といったらいちばん近いかしらん。
(出典:林真理子『美女入門 PART3』)

・そこは、ま新しいアウトレット・ショップになっていた。
(出典:喜多嶋隆『天国からのメール』)

・ブランド品のスーツなどは、アウトレットを扱う店で、少しでも安く買う。
(出典:群ようこ『贅沢貧乏のマリア』)

・映画を見に行くこと、郊外のアウトレットにバスを乗り継いで買物に行くこと、ガイドブックに載っていた店にパンケーキを食べにいくこと。
(出典:篠田節子『女たちのジハード』)

類語

店舗てんぽ
意味:商品をならべて売るための建物。(出典:精選版 日本国語大辞典)

デパート
意味: (「デパートメントストア」の略) 大きな店舗を構え、あらゆる種類の商品を陳列・販売する大経営式の総合小売店。百貨店。 (出典:精選版 日本国語大辞典)

ブティック
意味:しゃれた洋服や装身具などを専門に扱う小規模な小売店。(出典:デジタル大辞泉)

ショップ
意味:店。商店。小売店。(出典:精選版 日本国語大辞典)

老舗しにせ
意味:代々続いて同じ商売をしている格式・信用のある店。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました