アイキャッチとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

アイキャッチ

「アイキャッチを入れる」などのように使う「アイキャッチ」という言葉。

「アイキャッチ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「アイキャッチ」の意味や使い方や類語について、用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

アイキャッチの意味

「アイキャッチ」には次の意味があります。

広告業界において、見ている者の目を引いたり奪ったりすること、またはそういったモチーフやコピーのことを意味する語。(出典:実用日本語表現辞典)

広告業界に限らず、人目を引くようなものを「アイキャッチ」と言います。アイキャッチは和製英語です。

具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

・この動画はアイキャッチが弱いから視聴維持率が悪い。

・この番組のアイキャッチは、番組でのワンシーンになっている。

アイキャッチ画像を制作する。

・CMの前にはアイキャッチが入ることが多い。

アイキャッチで動画に一区切りつける。

スポンサーリンク

類語

サムネイル
意味:画像や文書のファイルを縮小表示したもの。(出典:デジタル大辞泉)

キャッチコピー
意味:人の注意をひく広告文、宣伝文。(出典:デジタル大辞泉)

ステルスマーケティング
意味:宣伝であることを隠した宣伝。例えば、テレビドラマの中に特定の商品が繰り返し出てくる行為。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました