やばたにえんとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

やばたにえん

「とりまやばたにえん」などのように使う「やばたにえん」という言葉。

「やばい」が「やばたん」になり、[たん]と[たに]が近い音であることから「やばい」と
「永谷園」が組み合わさった言葉です。

「やばたにえん」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「やばたにえん」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

やばたにえんの意味

「やばたにえん」には次の意味があります。

危険や不都合が予測されるさまである。(出典:精選版 日本国語大辞典)

俗に「やばい」の意味で用いられることのある単語で女子学生などの間で流行した若者言葉の
一種です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・宿題終わらなくてやばたにえん

・かっこよすぎてマジやばたにえん

・ストレスやばたにえんの無理茶漬け

・寝坊した!やばたにえん

・やばたにえん…この映画、泣ける

類語

危ない(あぶない)
意味: 見通しが暗い。あてにならない。
(出典:デジタル大辞泉)

物騒(ぶっそう)
意味:物事が何となく騒々しい。心が何となく落ち着かない。
(出典:精選版 日本国語大辞典)

重大(じゅうだい)
意味:事柄が普通でなく、大変な結果や影響をもたらすような状態であること。
(出典:デジタル大辞泉)

深刻(しんこく)
意味:事態が容易ならないところまできていること。
(出典:デジタル大辞泉)

厳しい(きびしい)
意味:物事の状態が緊張・緊迫しているさま。
(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました