はぐらかすとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

はぐらかす

「答えをはぐらかす」などのように使う「はぐらかす」という言葉。

「はぐらかす」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「はぐらかす」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

はぐらかすの意味

「はぐらかす」には次の二つの意味があります。

1 相手の追及を逃れようとして、話の焦点をぼかしたり、ずらしたりして言いまぎらす。
2 はぐれるようにする。相手に気づかれないように、うまく離れる。(出典:デジタル大辞泉)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

はぐらかすの意味①「相手の追及を逃れようとして、話の焦点をぼかしたり、ずらしたりして言いまぎらす。」

「はぐらかす」の一つ目の意味は「相手の追及を逃れようとして、話の焦点をぼかしたり、ずらしたりして言いまぎらす。」です。

はぐらかすを分かり易く言うと、自分の都合が悪い時などに誤魔化したい場合にする言動です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・訳を訊いて笑いながらはぐらかされるのは、夫の敗北のように見えた。
(出典:夏目漱石『明暗』)

・当人に訊いてみたんだが、この件についてはあっさりとはぐらかされた。
(出典:綾辻行人『暗黒館の殺人(下)』)

・智春ははぐらかされたような気がしたのか、つまらなそうな顔になった。
(出典:内田康夫『天河伝説殺人事件(下)』)

・竜ははぐらかそうとするような返事をし、騎士に向かって頭を振ってみせた。
(出典:アン・マキャフリイ『パーンの竜騎士シリーズ(全16巻) 9 竜の貴婦人〔上〕』)

類語

・誤魔化す
意味:(出典:デジタル大辞泉)

・惑わせる
意味:(出典:デジタル大辞泉)

・屁理屈をこねる
意味:(出典:デジタル大辞泉)

・取り繕う
意味:(出典:デジタル大辞泉)

はぐらかすの意味②「はぐれるようにする。相手に気づかれないように、うまく離れる。」

「はぐらかす」の二つ目の意味は「はぐれるようにする。相手に気づかれないように、うまく離れる。」です。

はぐらかすを分かり易く言うと、それとなくそっとその場から立ち去ることです。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・様子を見て、彼は子供からはぐらかした。

・夏祭りの最中にはぐらかしたのだが、その後彼女とは会っていない。

・はぐらかす事に何の抵抗も感じない。

類語

・失踪する
意味:(出典:デジタル大辞泉)

・蒸発する
意味:(出典:デジタル大辞泉)

・雲隠れする
意味:(出典:デジタル大辞泉)

・身を潜める
意味:(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました