錯綜とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

錯綜

「情報が錯綜している」などのように使う「錯綜」という言葉。

「錯綜」は、音読みで「さくそう」と読みます。

「錯綜」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「錯綜」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

錯綜の意味

「錯綜」には次の意味があります。

・物事が複雑に入り組んでいること。入り交じって混乱すること。錯雑。(出典:デジタル大辞泉)

「錯綜」の「錯」は乱れて入りくむ事を意味し、「綜」は入り交じることを意味するため、「錯綜」は2つの文字の意味を重ねて、情報や物事が複雑に入り混じって、混乱している状態を指します。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・その前方を移動する小船の動きは、他のどれよりも激しく錯綜していた。
(出典:菊地秀行『吸血鬼ハンター07b D-北海魔行 下』)

・単独か、共同かという三つのどれもが記憶において錯綜していたからです。
(出典:宮本百合子『それに偽りがないならば』)

・あまりにも錯綜する戦場の気配に、眩量のようなものを感じていたからだ。
(出典:富野由悠季『オーラバトラー戦記 11 ハイパー・ホリゾン』)

・最初の印象でも、ヒー星の歴史が異常に錯綜した物らしいことはわかった。
(出典:ジェイムズ・ブリッシュ『宇宙都市シリーズ(全4巻) 4 時の凱歌』)

・なにゆえに第二の箱を送って、事態を錯綜させたのでしょうか?
(出典:クリスティ/松本恵子訳『危機のエンドハウス』)

類語

・複雑(ふくざつ)
意味:物事の事情や関係がこみいっていること。入り組んでいて、簡単に理解・説明できないこと。一面的ではないこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

・こんがらかる(こんがらかる)
意味:物事がうまくまとまらず、混乱する。こんぐらかる。(出典:デジタル大辞泉)

・縺(もつれ)
意味:もめごと。ごたごた。混乱。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・煩雑(はんざつ)
意味:こみいっていてわずらわしいこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

・錯雑(さくざつ)
意味:まとまりがなく入りまじっていること。錯綜(さくそう)。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました