返済とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

返済

「ローンを返済する」などのように使う「返済」という言葉。

「返済」は、音読みで「へんさい」と読みます。

「返済」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「返済」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

返済の意味

「返済」には次の意味があります。

借りた金や物を相手に返すこと。(出典:デジタル大辞泉)

「返済」をわかりやすく言うと、借りたものを借りた人に返すことです。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・そこで今日は、わたしはその借りを返済したいと思っております。
(出典:アポリネール/須賀慣訳『一万一千本の鞭』)

・私は再びホータンで彼らに会い、この借りを返済することを約束した。
(出典:ヘディン/岩村忍訳『中央アジア探検記』)

・少なくともその形式的な保証人の方へ返済を迫ることはないだろうと計算した。
(出典:池澤夏樹『スティル・ライフ』)

・例えば担保さえあれば返済能力以上の貸付でも行った事実が存在している。
(出典:高杉良『金融腐蝕列島(上)』)

・相当な額になっていた借金は、姉に貰ったお金で返済することができた。
(出典:佐野良二『闇の力』)

類語

還元かんげん
意味:物事をもとの形・性質・状態などに戻すこと。(出典:デジタル大辞泉)

環流かんりゅう
意味:一度流れ込んだものが、再び元に返っていくこと。(出典:デジタル大辞泉)

償還しょうかん
意味:つぐない返すこと。相手の出費についてつぐなうこと。返済すること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

返戻へんれい
意味:返したりもどしたりすること。返却。(出典:デジタル大辞泉)

弁済べんさい
意味:借りたものを相手に返すこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました