蓋然性とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

蓋然性

「蓋然性が高い」などのように使う「蓋然性」という言葉。

「蓋然性」は、音読みで「がいぜんせい」と読みます。

「蓋然性」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「蓋然性」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

蓋然性の意味

「蓋然性」には次の意味があります。

ある事柄が起こる確実性や、ある事柄が真実として認められる確実性の度合い。(出典:デジタル大辞泉)

「蓋然性」をわかりやすく言うと、「ある物事が起こる可能性、または正しい可能性の程度」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・そしてその事情とは、この新聞記事が語る事件である蓋然性が高かった。
(出典:貫井徳郎『天使の屍』)

・まあ三機程度が適当であろう、という蓋然性から出した結論であった。
(出典:御田重宝『特攻』)

・ このやりかたでやって行くと彼に有利な蓋然性が次々に出て来た。
(出典:ヴェルヌ/大久保和郎訳『グラント船長の子供たち(中) 地の果ての燈台』)

・電子の存在は、電子の存在の蓋然性に外ならない、とも云われている。
(出典:戸坂潤『イデオロギー概論』)

・考えていくうちに、次から次へと蓋然性が頭に浮かんで来た。
(出典:クロフツ/長谷川修二訳『フレンチ警部最大の事件』)

類語

確率かくりつ
意味:ある事象が起こる割合をいう。(出典:ASCII.jpデジタル用語辞典)

プロバビリティー
意味:ある事が起こり得る確実性の度合。多分そうだろうという可能性の程度。(出典:精選版 日本国語大辞典)

度合どあい
意味:物事の程度。(出典:デジタル大辞泉)

見込みみこみ
意味:将来の可能性。(出典:デジタル大辞泉)

確実性かくじつせい
意味:たしかで疑うことができないこと。たしかで、危なげのないこと。また、その度合い。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました