画期的とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

画期的

「画期的な商品だ」などのように使う「画期的」という言葉。

「画期的」は、音読みで「かっきてき」と読みます。

「画期的」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「画期的」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

画期的の意味

「画期的」には次の意味があります。

・これまでとは時代をくぎるほど目覚ましいさま。新しい時代をひらくさま。エポックメーキング。(出典:デジタル大辞泉)

「画期」は「過去と新しい時代の区切り」という意味を持っています。
過去と新時代への区切りとなるような事物、考え方や性質を指します。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・その意味でも女にとって画期的な時代に入っているのではないだろうか。
(出典:宮本百合子『若い娘の倫理』)

・当時としてもサンタクロースの扱いとしては画期的なものだったと思う。
(出典:稲垣美晴『サンタクロースの秘密』)

・三浦や阿川のときとは違った意味で、これはまた画期的な事件であった。
(出典:安岡章太郎『良友・悪友』)

・これは画期的な事態であったが、この状態は半世紀しか続かなかった。
(出典:岡田英弘『世界史の誕生 ―モンゴルの発展と伝統』)

・結果は、世界に例のない画期的の好果にほほえむことができたのであった。
(出典:山本実彦『十五年』)

類語

・未曾有(みぞう)
意味:いまだかつてなかったこと。ひじょうにめずらしいこと。また、そのさま。希有(けう)。みぞう。(出典:デジタル大辞泉)

・空前(くうぜん)
意味:今までに例を見ないこと。未曽有(みぞう)。(出典:デジタル大辞泉)

・前代未聞(ぜんだいみもん)
意味:今までに一度も聞いたことがないこと。非常に珍しいこと、程度のはなはだしいことにいう。(出典:デジタル大辞泉)

・エポックメーキング
意味:ある事柄がその分野に新時代を開くほど意義をもっているさま。画期的。(出典:デジタル大辞泉)

・革命的(かくめいてき)

意味:変化が非常に激しいさま。また、大きな変化をもたらすさま。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました