流儀とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

流儀

「仕事の流儀」などのように使う「流儀」という言葉。

「流儀」は、音読みで「りゅうぎ」と読みます。

「流儀」とはどのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「流儀」の意味や使い方について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

流儀の意味

「流儀」には次の二つの意味があります。

物事のやり方。
技術・芸能などで、その人や流派に伝わっている手法・様式。(出典:デジタル大辞泉)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

流儀の意味①「物事のやり方。」

「流儀」の一つ目の意味は「物事のやり方。」です。

「仕事の流儀」で「仕事のやり方」という意味になります。
また、この意味の「流儀」には、その人の生き方が反映されるため「生き様」という意味を含むことがあります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・わしにはわし自身の判断というものがあり、それをわしの流儀で利用する。
(出典:ドイル/永井淳訳『毒ガス帯』)

・少しでも可能性が残っているのなら、それを潰しておくのがぼくの流儀だ。
(出典:西尾維新『クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識』)

・そこで、まるで田舎にいるように、自分流儀の暮しをしているのである。
(出典:モーパッサン/杉捷夫訳『シモンのパパ』)

・それは彼女流儀のいいかたで、要するに、感触の世界で生きたいのです。
(出典:色川武大『離婚』)

類語

やり方(やりかた)
意味:物事を行う方法。(出典:デジタル大辞泉)

スタイル
意味:個人や集団などに固有の、考え方や行動のしかた。(出典:デジタル大辞泉)

遣り口(やりくち)
意味:物事のやり方。(出典:大辞林 第三版)

様式(ようしき)
意味:習慣・約束などで定められたやり方。(出典:デジタル大辞泉)

流儀の意味②「技術・芸能などで、その人や流派に伝わっている手法・様式。」

「流儀」の二つ目の意味は「技術・芸能などで、その人や流派に伝わっている手法・様式。」です。

わかりやすく言うと「田中流」や「鈴木流」などのような「○○流」という意味です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・州一円には、そういう連中に教える田舎剣法の流儀が、三つあった。
(出典:司馬遼太郎『燃えよ剣 01 (上)』)

・第一、考えてみれば鑑極流などという流儀は聞いたこともない名前だった。
(出典:藤沢周平『隠し剣孤影抄』)

・念流はもっぱら馬庭の樋口家に当主で二十四代の血脈と流儀を伝えている。
(出典:坂口安吾『明日は天気になれ』)

・どうせ剣を学ぶなら、そういう垢抜けた流儀を身につけたいと思うておった。
(出典:浅田次郎『壬生義士伝 上』)

類語

因習(いんしゅう)
意味:古くから伝えられてきた風習。(出典:デジタル大辞泉)

習慣(しゅうかん)
意味:後天的に獲得された個体の反応様式。(出典:ブリタニカ国際大百科事典)

仕来(しきたり)
意味:昔からのやりかた。(出典:精選版 日本国語大辞典)

風習(ふうしゅう)
意味:ならわし。習慣。(出典:精選版 日本国語大辞典)

トラディション
意味:伝統。しきたり。 (出典:大辞林 第三版)

タイトルとURLをコピーしました