来世とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

来世

「来世の幸福」などのように使う「来世」という言葉。

「来世」は、音読みで「らいせ」と読みます。

「来世」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「来世」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

来世の意味

「来世」には次の意味があります。

仏語。三世のひとつ。死後に行く次の世。(出典:デジタル大辞泉)

「来世」をわかりやすく言うと「死んだ後に待っている霊界の住処」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・ただ、これが来世に行ったときにどうなるかです。
(出典:大川隆法『悟りの挑戦』上巻)

・この世で夫婦だったものが来世でもまた夫婦になるのではない。
(出典:永井隆『この子を残して』)

・旦那さま、こういう方が来世で幸福だということがお信じになれましょうか?
(出典:エミリー・ブロンテ/田中西二郎訳『嵐が丘』)

・しかしこれが実現するのは今生ではなく来世になるかも知れない。
(出典:横尾忠則『なぜぼくはここにいるのか』)

・たとえこの世で罰せられないとしても、来世では必ず地獄に堕ちます。
(出典:福永武彦『風のかたみ』)

類語

天国(てんごく)
意味:神や天使などがいる天上の理想世界。キリスト教では、神から永遠の祝福を受ける場所。神の国。(出典:デジタル大辞泉)

極楽浄土(ごくらくじょうど)
意味:安楽でなんの心配もない状態や境遇。また、そういう場所。(出典:デジタル大辞泉)

地獄(じごく)
意味:この世で悪いことをした者が死後に行って苦しみを受けるという所。(出典:デジタル大辞泉)

冥界(めいかい)
意味:死後の世界。あの世。冥土。冥境。(出典:デジタル大辞泉)

彼岸(ひがん)
意味:生死の迷いを河・海にたとえた、その向こう岸。悟りの境地をいう。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました