安住とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

安住

「安住の地」などのように使う「安住」という言葉。

「安住」は、音読みで「あんじゅう」と読みます。

「安住」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「安住」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

安住の意味

「安住」には次の二つの意味があります。

1 何の心配もなく落ち着いて住むこと。
2 それ以上を望まず、現にある境遇に満足していること。(出典:デジタル大辞泉)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

安住の意味①「何の心配もなく落ち着いて住むこと。」

「安住」の一つ目の意味は「何の心配もなく落ち着いて住むこと。」です。

安心して暮らせる土地や、家のことをいいます。「安住の地」と使われる場合が多いです。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・彼らにとって安住の地が、なぜ自分にとって安住の地となり得ないのか。 
(出典:三浦綾子『細川ガラシャ夫人』)

・いかにも風当りの強いところを避けて、安住の地を得ている感じである。 
(出典:田中澄江『花の百名山』)

・母星は失われたけれども、われわれは今やっと安住の地を見つけたんだよ。
(出典:ホーガン『ガニメデの優しい巨人』)

・住して居る所は確かに極東の日本であるが、自分の心には安住の国がない。
(出典:与謝野晶子『註釈与謝野寛全集』)

類語

オアシス
意味:疲れをいやし、心に安らぎを与えてくれる場所。(出典:デジタル大辞泉)

住めば都(すめばみやこ)
意味:どんな所でも、住み慣れるとそこが居心地よく思われてくるということ。(出典:デジタル大辞泉)

安息(あんそく)
意味:何の煩いもなく、くつろいで休むこと。(出典:デジタル大辞泉)

終の棲家(ついのすみか)
意味:最後に安住する所。(出典:デジタル大辞泉)

安住の意味②「それ以上を望まず、現にある境遇に満足していること。」

「安住」の二つ目の意味は「それ以上を望まず、現にある境遇に満足していること。」です。

社会での自分の地位や、環境などに満足している際に使われるのがこの意味です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・ところがあなたはそれにすっかり安住して、学生なんかを愛している。
(出典:原田義人『審判』)

・父子二代、ついにアジュマーンの下に安住はできぬもののようであった。
(出典:田中芳樹『タイタニア3 旋風篇』)

・ちまちまとした幸福に安住するより、いつも自分の可能性に挑戦している。
(出典:阿刀田高『花の図鑑(下)』)

・彼は社会に同一化する理由はないし、身分社会のなかで安住する連中にへいこらすることもない。
(出典:今村仁司『「大菩薩峠」を読む ―峠の旅人』)

類語

現状に甘んじる(げんじょうにあまんじる)
意味:現在の状態をそのまま受け入れる。(出典:デジタル大辞泉)

飼い慣らされる(かいならされる)
意味:都合のよいように手なずけられる。(出典:デジタル大辞泉)

安寧(あんねい)
意味:穏やかで安定していること。(出典:デジタル大辞泉)

ぬるま湯につかる(ぬるまゆにつかる)
意味:刺激や緊張のない境遇や生活。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました