天変地異とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

天変地異

「天変地異に襲われる」などのように使う「天変地異」という言葉。

「天変地異」は、音読みで「てんぺんちい」と読みます。

「天変地異」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「天変地異」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

天変地異の意味

「天変地異」には次の意味があります。

天変と地異。自然界に起こる異変。台風・地震・洪水など。(出典:デジタル)

天変は空に起こる現象で、地異は地上に起こる現象を指します。主に自然災害が発生したとき使われますが、普段とは違う現象が自然界で見られる、起こりそうな場合にも使用。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・一二二七年 このころより地震多く饑饉深刻となり天変地異の様相あり。
(出典:久保田正文『百人一首の世界』)

・この年は日本に天変地異ともいうべきことがいくつも現われてきた。
(出典:与謝野晶子『源氏物語』)

・惠瓊は、人の心の動きにも天変地異があることをあらためて感じていた。
(出典:茶屋二郎『遠く永い夢(下)-関ヶ原 戦勢逆転の真実』)

・今の幕府の体制下でこの黒船が来たら天変地異よりも恐ろしい事態になるだろう。
(出典:池上永一『テンペスト2 花風の巻』)

天変地異はその礼が尽くされていないために起こるものだと古いにしえから考えられている。
(出典:安部龍太郎『戦国秘譚 神々に告ぐ(上)』)

類語

変災(へんさい)
意味: 事変や災厄。天変地異の災難。(出典:精選版 日本国語大辞典)

災難(さいなん)
意味:思いがけず身にふりかかってくる不幸な出来事。災い。災厄。災禍。(出典:デジタル大辞泉)

カタストロフィ
意味:突然の大変動。大きな破滅。(出典:デジタル大辞泉)

大災(たいさい)
意味:大きなわざわい。はなはだしい災害。(出典:精選版 日本国語大辞典)

横災(おうさい)
意味:思いもかけない災難。不慮の災難。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました