和洋折衷とは?意味や使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

和洋折衷

「和洋折衷」という言葉を聞いてどんなことをイメージしますか?

「和洋折衷」は「わようせっちゅう」と読みます。

「和洋折衷」という言葉は、江戸時代の末から明治時代にかけて生まれた、意外と歴史が浅い言葉です。

この記事では「和洋折衷」の意味や使い方について、小説などの用例を紹介しながらわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

和洋折衷の意味

和洋折衷には次の意味があります。

日本風と西洋風の様式をとりまぜること。(出典:大辞林)

「和洋折衷」を分かりやすく言うと「和風と西洋風のそれぞれの良い部分を取り入れて作られていること」という意味です。
例えば、「あの家は和洋折衷だ」という場合は「あの家は和風と西洋風のそれぞれの良い部分を取り入れて作られている」といった意味になります。

具体的な使い方や例文は下記の通りです。

使い方・例文

・出てくる料理は和洋折衷、何かのカルパッチョだかムニエルだかナントカ蒸しだかがじゃかすか出てくるが、器用にナイフとフォークで口に運んでいるのは圭一氏ただ一人だ。(出典:谷川流『涼宮ハルヒの退屈』)

・ドンは西洋風で、松五郎は日本風、つまり和洋折衷だ。(出典:井上ひさし『ドン松五郎の生活』)

・明治は、海外の文明を貪欲にとり入れ、いわゆる和洋折衷を試みて行く「開化」の時期だった。そういう時期の食文化の傑作は、あんパンである。(出典:戸板康二『新々ちょっといい話』)

和洋折衷の料理だしてくれて、お酒もなかなかおいしいところ。坂東眞砂子『葛橋(出典:坂東眞砂子『葛橋』)

・吉野村の応接間は、和洋折衷というか妙な造りで、部屋がテーブルと椅子を置いた洋間と畳の間にわかれている。(出典:吉川英明『父 吉川英治』)

タイトルとURLをコピーしました