割愛とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

割愛

「紙数の関係で割愛した」などのように使う「割愛」という言葉。

「割愛」は、訓読みで「かつあい」と読みます。

「割愛」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「割愛」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

割愛の意味

「割愛」には次の二つの意味があります。

1公務員が他の自治体や民間企業に籍を移すこと。
2惜しいと思いながらも、省略したり、捨てたりすること。 (出典:精選版 日本国語大辞典)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

割愛の意味①「 公務員が他の自治体や民間企業に籍を移すこと 」

「割愛」の一つ目の意味は「公務員が他の自治体や民間企業に籍を移すこと」です。

人材を割愛してほしいなどといった使い方で使われます。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・人材を割愛するよう申し立てする。

・大学の教授が「一昨日私の割愛が伝えられた」と話した。

割愛申請書を提出する。

類語

・移籍
意味:所属を他に移すこと(出典:デジタル大辞泉)

異動
意味:地位や勤務などが変わること。(出典:デジタル大辞泉)

転籍
意味: 所属した組織をやめて、別の組織に移籍すること。 (出典:デジタル大辞泉)

割愛の意味②「惜しいと思いながらも、省略したり、捨てたりすること。」

「割愛」の二つ目の意味は「惜しいと思いながらも、省略したり、捨てたりすること。」です。

本来仏教語として「愛着の気持ちを断ち切ること」という意味であったが、そこから派生して「文章を割愛させていただきます」というような使い方で、現在ではこの意味が最もよく使われています。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・ここに集めたのはこの割愛したものをまとめたもので、全部で八編ある。
(出典:A・C・ドイル『新潮文庫 シャーロックホームズ全集 新潮文庫「シャーロック・ホームズの叡智」解説』)

・その他、色々と内部には多数の秘密を抱えているがここでは割愛しよう。
(出典:言乃葉『出席番号32番 衛宮』)

・しかし、頁数の関係で割愛せざるをえなかった部分も少なくありません。
(出典:日本民話の会編訳『世界昔ばなし(下) アジア・アフリカ・アメリカ』)

類語

省略する
意味:はぶくこと。はぶいて簡単にすること。(出典:日本語大辞典)

除外する
意味:取り除くこと(出典:Wiktionary)

・却下する
意味:願い出などを取り下げること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました