分野とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

分野

「学問の分野」などのように使う「分野」という言葉。

「分野」は、音読みで「ぶんや」と読みます。

「分野」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「分野」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

分野の意味

「分野」には次の意味があります。

人間の活動における、分化した一つの領域。物事のある方面・範囲。(出典:デジタル大辞泉)

「分」は「わける」、「野」は「区分した領域」という意味を持つ漢字です。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・この分野では、集中化されていない専門家が最低でもあと一人必要です。
(出典:ヴィンジ『最果ての銀河船団(上)』)

・彼女の言葉によれば、その分野で新しい法則を発見したとのことである。
(出典:ツルゲーネフ/佐々木彰訳『父と子』)

・家や家具の分野は、買った人の反応のあらわれ方に比較的時間がかかる。
(出典:星新一『きまぐれ星のメモ』)

・神経がどうした、精神がこうしたと云うのは、関口の得意な分野なのだ。。
(出典:京極夏彦『狂骨の夢』)

・これは心理学や経済学の分野でしか使われていなかった特殊な数学である。
(出典:中川靖造『創造の人生 井深大』)

スポンサーリンク

類語

・領域(りょういき)
意味:(学問・研究などで)その専門とする範囲。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・部門(ぶもん)
意味:全体をいくつかに分けた一つの部分。(出典:デジタル大辞泉)

・フィールド
意味:学問などの領域。分野。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・区域(くいき)
意味:くぎられた一定範囲の場所(出典:デジタル大辞泉)

・エリア
意味:区域。地域。地帯。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました