出不精とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

出不精

「土日は出不精になる」などのように使う「出不精」という言葉。

「出不精」は、音読みで「でぶしょう」と読みます。

「出不精」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「出不精」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

出不精の意味

「出不精」には次の意味があります。

外出を面倒くさがること。また、そのさま。あるいは、そういう性格の人。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「出不精」をわかりやすく言うと、外出を億劫に感じたり面倒くさがったりして家に居続けることや、または、そういう性質の人を指します。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・なぜこんな形式が好きかというと、私の出不精の性格のためのようだ。
(出典:星新一『きまぐれ暦』)

・ただ仕事をした結果とばかりは考えられないこの疲労が、一層彼を出不精にした。
(出典:夏目漱石『道草』)

・以前は、よく食事に出かけていたのに、急に出不精になったのか。
(出典:渡辺淳一『シャトウ ルージュ』)

・それに出不精になったのにもわけがあるんだ。
(出典:尾崎豊『堕天使達のレクイエム』)

・大体が、都会の楽な生活に慣れ切ってしまって、至って出不精な人間なのだ。
(出典:赤川次郎『魔女たちの長い眠り』)

類語

ルーズ
意味:態度、行動がしまりのないさま。だらしがないさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイプ
意味:型。型式。また、複数の物・人・事物について、ある類似性を持っていることによって分類された型。(出典:精選版 日本国語大辞典)

ずぼら
意味:行動・性格がだらしのないこと。(出典:デジタル大辞泉)

野放図 (のほうず)
意味:人を人とも思わないずうずうしい態度。横柄なこと。(出典:デジタル大辞泉)

自堕落 (じだらく)
意味:人の行いや態度などにしまりがなく、だらしないこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました