ビットコインとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ビットコイン

「ビットコインの価格が高騰する」などのように使う「ビットコイン」という言葉。

「ビットコイン」は、英語では「bitcoin」と表記します。

「ビットコイン」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ビットコイン」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ビットコインの意味

「ビットコイン」には次の意味があります。

インターネットを通じて流通する仮想通貨の一種。中央で管理する企業や組織などをもたず、P2P(ピアツーピア)での相互決済(仮想通貨価値の移転)を可能にする仕組み。単位はBTC。決済に金融機関を通さないため、とくに国際的な通貨価値のやり取りにおいて経費や手数料などを低く抑えられる利点がある。(出典:日本大百科全書(ニッポニカ)

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

ビットコインの使い方・例文

ビットコインはサトシ・ナカモトという人物の論文をもとに開発された。

ビットコインの発行者はマイナーと呼ばれる。

・中央支配機関がないビットコインの信用は、ネットワーク参加者全体で相互に形成されている。

・このトランザクションでは通貨単位としてビットコインが使用される。

ビットコインには量子コンピュータに対する脆弱性があることが分かっている。

類語

ブロックチェーン(ぶろっくちぇーん)
意味:分散型ネットワークを構成する多数のコンピューターに、公開鍵暗号などの暗号技術を組み合わせ、取引情報などのデータを同期して記録する手法。ビットコインなどの暗号通貨に用いられる基盤技術。(出典:デジタル大辞泉)

仮想通貨(かそうつうか)
意味:紙幣や硬貨のような現物をもたず、電子データのみでやりとりされる通貨。主にインターネット上での取引に用いられ、特定の国家による価値の保証はない。不正防止のために高度な暗号化技術を用いているものは、暗号通貨ともいう。(出典:デジタル大辞泉)

イーサリアム(いーさりあむ)
意味:インターネット上で流通する仮想通貨の一。本来は、仮想通貨単位イーサを運用するためのプラットホームおよび開発プロジェクトの総称。(出典:デジタル大辞泉)

暗号通貨(あんごうつうか)
意味:不正防止のため、高度な暗号技術を用いる仮想通貨。クリプトカレンシー。(出典:デジタル大辞泉)

電子マネー(でんしまねー)
意味:貨幣価値の決済を電子化したもの。プリペイドカード型電子マネーとネットワーク型電子マネーの2つに大別される。(出典:ASCII.jpデジタル用語辞典)

タイトルとURLをコピーしました