エトセトラとは?意味や使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

エトセトラ

「渚にまつわるエトセトラ」などのように使う「エトセトラ」という言葉。

ラテン語では「et cetera」と表記します。

「エトセトラ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「エトセトラ」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

エトセトラの意味

「エトセトラ」には次の意味があります。

その他いろいろ。等々。…など。etc.と略記する。(出典:デジタル大辞泉)

「エトセトラ」は「などなど」と同じように「エトセトラエトセトラ」と重ねて表記することもできますし、「etc.」と省略して表記することもできます。
いずれの場合も同じ意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

エトセトラの使い方・例文

・いままでベチャクチャ、クチャベチャとしゃべっていた、A子、B子、C子エトセトラが突然、水をうったようにしいんとしずまりかえったかと思うと、そこへひょっこり入って来た娘がある。
(出典:横溝正史『びっくり箱殺人事件』)

・二章も残して高飛びしてしまった私を笑って許してくれ続けたやさしい新潮社のAさん。その他でくくると申し訳ないエトセトラのみなさん。
(出典:久美沙織『小説版MOTHER1』)

・タヒチには、さまざまな形容詞がつけられている。夢の島、最後の楽園、あるいは、美しい娘たちにあふれた男の楽園、エトセトラ、エトセトラである。
(出典:西村京太郎『赤い帆船』)

・バレーボール、コーラス、編物、サンドイッチを食べる、エトセトラのOLたち。
(出典:向田邦子『蛇蠍のごとく』)

・あのメモには、五億円の他に、書類エトセトラとあった。
(出典:西村京太郎『北緯四三度からの死の予告』)

類語

等々(とうとう)
意味:名詞およびこれに準ずる語句に付いて、それらの類が他にまだ多くあること、また、それらを省略して例示する意を示す。(出典:精選版 日本国語大辞典)

その他に(そのほかに)
意味:直前に列挙されたものとは異なるものに言及する際の言い回し。(出典:実用日本語表現辞典)

云々(うんぬん)
意味:引用した文や語句のあとを省略するときに、以下略の意で、その末尾に添える語。(出典:デジタル大辞泉)

等(など)
意味:一例を挙げ、あるいは、いくつか並べたものを総括して示し、それに限らず、ほかにも同種類のものがあるという意を表す。(出典:デジタル大辞泉)

とか
意味:事物や動作・作用を例示的に並列・列挙する意を表す。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました