アクティブとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

アクティブ

「アクティブな性格」などのように使う「アクティブ」という言葉。

英語では、「active」と表記します。

「アクティブ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「アクティブ」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

アクティブの意味

「アクティブ」には次の意味があります。

自分から進んで働きかけるさま。活動的。積極的。能動的。(出典:デジタル大辞泉)

「アクティブな性格」であれば、積極的・能動的な性格という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

アクティブな肉体の運動は、何も要求されない。
(出典:宮本百合子『南路』)

・生来人生をアクティブに生きるよう委ねられている男の性。
(出典:阿刀田高『ナポレオン狂』)

アクティブな理由によって、自ら足を動かす事はもうない。
(出典:鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第19巻』)

・ここでも非常にアクティブなA組の性質がよく表れている。
(出典:言乃葉『出席番号32番 衛宮』)

・よくそこまでアクティブに動けるなと思う。
(出典:佐竹彬『カクレヒメ 第2巻』)

類語

活発(かっぱつ)
意味:行動・活動などが生き生きとして盛んなさま。(出典:デジタル大辞泉)

積極的(せっきょくてき)
意味:物事を進んでするさま。(出典:デジタル大辞泉)

能動的(のうどうてき)
意味:自分から他へはたらきかけるさま。(出典:デジタル大辞泉)

自発的(じはつてき)
意味:物事を自分から進んで行うさま。(出典:デジタル大辞泉)

乗気(のりき)
意味:進んでやってみようという気になること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました